植物性エストロゲンの効果と副作用、植物性プラセンタとの違いをみる

植物性エストロゲンは何か、効果のほどは?

体をより女性らしくするためには、女性ホルモンであるエストロゲンがキーになっています。このことは周知の事実であり、知っているひとも多いでしょう。
プエラリアや大豆イソフラボンといったものに入っている成分は、このエストロゲンと似た効果を有しています。そのためこれらは植物性エストロゲンと言われています。植物性エストロゲンは、その名前が象徴するように、エストロゲンを「外から」摂取できる大変有効な方法です。とくにプエラリアは効果が高く、美肌やバストアップによい影響を与えるため、近年とても着目される成分となりました。

植物性エストロゲンのデメリット、植物性プラセンタとの違い

さて、同じように「美容に効果があって」「植物性とつき」「カタカナの名称がくっついてくる」もののなかに、植物性プラセンタ、というものがあります。プラセンタというのは胎盤のことであり、豚や馬のものを使うのが一般的ですが、安全性と副作用のなさから、植物性プラセンタをウリにしているところもあります。
しかしこれは、同じ「植物性」であっても、エストロゲンとは違い、効果はないとされているのです。専門用語っぽく聞こえるため間違えてしまいがちですので、気をつけましょう。
また、植物性エストロゲンにも副作用があります。不正出血や乳房の痛みなどがその代表例であり、過剰摂取はかなり深刻な影響を体に与えてしまいかねません。「美しくなりたい」は古今東西女性の願いではありますが、使う以上はこのようなデメリットもしっかり把握しておかねばなりません。